6月 17, 2021
  • ~ペレ二アルガーデンを目指して~

ローブ・アラ・フランセーズが以前植えていたものとは違う感じです

先週、やっとポットの中のパンジーとビオラを抜きました。

もうちょっといけるのではと思っていたのですが、

毛虫を見つけて、すぐに抜いてしまいました。

ポットの中にも、宿根草や多年草を植えているので

抜いた後の植物の補充はしません。

夏の鉢の管理は大変です。

 

スプリット・オブ・フリーダム(イングリッシュローズ)

花弁の数がすごいです。

好きなバラの一つです。

ジ・エンシェント・マリナー(イングリッシュローズ)

形の整ったカップ咲きです。

ザ・ウエッジ・ウッド・ローズ(イングリッシュローズ)

好きなバラの一つです。

香りもよく好きなバラのベスト3に入ります。

ローブ・アラ・フランセーズ(河本バラ園)

なんとなくローズ・ポンパドゥールに似ています。

以前植えていたのですが、枯らしてしまってもう一度購入しました。

アンティークなくすんだ感じのピンク色が好きだったのですが、

前に植えていたものとは違うような感じを受けます。

ガイラルディア(グレープセンセーション)

ペネロペイア(バラの家)

ペンステモン

クレマチス(パープレア・プレナーエレガンス)

クレマチス(ビクターヒューゴ)

シナワスレナグサ

蒔いていた種から咲きました。

 

エキウム

これも蒔いていた種からです。

イングリッシュ・ガーデン(イングリッシュローズ)

チャリティ(イングリッシュローズ)

ザ・スクワイヤー(イングリッシュローズ)

クレマチス(ダイヤモンドボール)

ガイラルディア(ガリア)

ウィリアム・モーリス(イングリッシュローズ)

イングリッシュ・ヘリテージ(イングリッシュローズ)

シンベライン(イングリッシュローズ切り花品種)

ロザリンド(イングリッシュローズ切り花品種)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA