9月 24, 2021
  • ~ペレ二アルガーデンを目指して~

ベアトリス、スプリット・オブ・フリーダム、ペルディーター、ア・シュロプシャイア・ラド、クレア・ローズ、ケイト、チャールズ・ダーウィン、ジ・インジニアス・ミスター・フェアチャイルド、シャルル・ドゥ・ナーヴォー、クリスティアーナ、マルク・アントン・シャルパンティエ、クロードモネ

久しぶりに晴れたと思っていたら、午後からだんだん曇ってきました。

明日から4日間ほど雨が続くみたいです。

バラのきれいな時期に残念です。

 

ベアトリス(イングリッシュローズ切り花品種)

この前の雨で折れてしまって3日ぐらい前から花瓶にさしていますが、

さすが切り花品種でお花の持ちがとても良いです。

スプリット・オブ・フリーダム(イングリッシュローズ)

花びらの枚数がとても多く、好きなバラの一つです。

ヒメオウギ

球根植物で毎年咲きます。

 

ペルディーター(イングリッシュローズ)

前にも書きましたが、デビッドオースチンのカタログでは

気にも留めなかったのですが、実際に見る機会があり

一目で気に入って購入しました。

ジェームズ・ギャルウェイ(イングリッシュローズ)

スイトピー(アズレウス)

小さめのブルーのお花がとてもかわいいです。

毎年種を採って植えています。

ア・シュロプシャイア・ラド(イングリッシュローズ)

クレア・ローズ(イングリッシュローズ)

ちょっと平たい感じの薄いピンク色のバラです。

カーディング・ミル(イングリッシュローズ)

スワン(イングリッシュローズ)

ケイト(イングリッシュローズ切り花品種)

エマニュエル(イングリッシュローズ)

チャールズ・ダーウィン(イングリッシュローズ)

薄いゴールデンイエロー

ジ・インジニアス・ミスター・フェアチャイルド(イングリッシュローズ)

ライラック色で丸く咲くさまがアラン・ティッチ・マーシュに似ているように感じます。

イングリッシュ・エレガンス(イングリッシュローズ)

シレネ(スワンレイク)

宿根草

チャリティ(イングリッシュローズ)とアラン・ティッチ・マーシュ

アラン・ティッチ・マーシュ(イングリッシュローズ)

シャルル・ドゥ・ナーヴォー(ギヨー)

ギヨーのバラは花持ちが良いです。

クリスティアーナ(コルデス)

ウィリアム・モーリス(イングリッシュローズ)

セプタード・アイル(イングリッシュローズ)

マルク・アントン・シャルパンティエ(ギヨー)

セプタード・アイル(イングリッシュローズ)

セント・スウィザン(イングリッシュローズ)

ペネロペイア(バラの家)

3年目のジギタリス

クロードモネ(デルバール)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA