11月 28, 2020
  • ~ペレ二アルガーデンを目指して~

マルク・アントン・シャルパンティエ、ワイフ・オブ・バース、セント・セシリア、クリスティアーナ、イングリッシュ・エレガンス、クラウン・プリンセス・マルガリータ、スプリット・オブ・フリーダム

今日もとてもお良いお天気で、お花がどんどん咲き進んでいきます。

バラも一番花が終わりに近づいた種類もあります。

 

マルク・アントン・シャルパンティエ(ギヨー)

黄色からクリーム色に変化します。

ワイフ・オブ・バース(イングリッシュローズ)

セント・セシリア(イングリッシュローズ)

クリスティアーナ(コルデス)

淡いピンク色でカップ咲き。

香りがよく、房咲きです。

イングリッシュ・エレガンス(イングリッシュローズ)

クラウン・プリンセス・マルガリータ(イングリッシュローズ)

スプリット・オブ・フリーダム(イングリッシュローズ)

本には花弁の枚数が200枚と書いていました。

重さでどうしても下向きに咲いてしまいますがきれいです。

まだまだパンジーがきれいです。

キンギョソウブラックプリンス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA