5月 28, 2020
  • ~ペレ二アルガーデンを目指して~

ザ・ピルグリム、ストロベリー・ヒル、アラン・ティッチ・マーシュ、ウィンダ・ミア、ア・シュロプシャイア・ラド、エグランタイン

黄色のバラはあまり好きではないのですが、ザ・ピルグリムは

とてもきれいで好きなバラです。

外側の花弁が薄く中心にいくほど黄色が強くなっています。

カップ咲きからロゼット咲きに変化し、

トゲもあまりなく、お花の付きもとても良いです。

おすすめのバラです。

 

ザ・ピルグリム(イングリッシュローズ)

ストロベリー・ヒル(イングリッシュローズ)

アラン・ティッチ・マーシュ(イングリッシュローズ)

ウィンダ・ミア(イングリッシュローズ)

咲き始めはクリーム色で咲き進むにつれて白に近いお色に変化します。

ア・シュロプシャイア・ラド(イングリッシュローズ)

ピーチピンク色のきれいなばらです。

トゲが少ないので扱いやすいです。

クロッシュ(河本真紀子)

虫から食べられてかわいそうな状態です。

カーディング・ミル(イングリッシュローズ)

クレア・ローズ(イングリッシュローズ)

エグランタイン(イングリッシュローズ)

トラディスカント(イングリッシュローズ)

セプタード・アイル(イングリッシュローズ)

ジギタリスイルミネーション

キンギョソウブラックプリンス

コンボルブルス

シレネ「スワンレイク」

リナリア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA