10月 23, 2019
  • ~ペレ二アルガーデンを目指して~

ラナンキュラスラックス「ニノス」

朝から風が強く、夕方お庭に出てみると

鉢植えのラナンキュラスラックスがなよっとなっていました。

前に趣味の園芸で言っていましたが、ラナンキュラスの語源は

ラテン語で「カエル」の意味の「rana」に由来していて、

カエルが多くいるような湿地に自生することと、

葉の形がカエルの足に似ているところからきているそうです。

それで、ラナンキュラスはお水がすごく好きな植物なのですね。

今日のように風が強いと、鉢植えはすぐ土が渇いて

ラナンキュラスは元気がなくなります。今から日差しも強くなってくるので、

ラナンキュラスの鉢植えはお水の管理に気を付けなければいけませんね。

ラナンキュラスラックス「ニノス」が咲きました。

主人がきのう草取りをしてくれたので西側の道がきれいになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA