8月 14, 2020
  • ~ペレ二アルガーデンを目指して~

枯れたと思っていたクレマチスから新しい枝が伸びていました。

今日はうれしい発見がありました。大きなポットの中で20年近く咲いていたクレマチスが夏の暑さで枯れてしまって放りぱなしにしていたのですが、葉を付けた枝が伸びているのを見つけました。見た目が悪いので、抜いてしまわないととは思っていたのですが、抜かなくって本当に良かったです。宿根草は枯れたと思ってもしばらくはそのままにしておいたほうが良いですね。

アリゲロンがたくさん生えていたので全然気が付きませんでした。アリゲロンを全部抜いてすっきりさせました。

芽が出てくるのがちょっと早い気がしますが、ラナンキュラスのラックスが芽を出しています。いつもなら年が明けて寒い時期に出てきます。

ジニアが徒長しすぎて、すぐ近くのバラの根元を隠したのでちょっと整理しました。そうしたらバラの根元にハスモンヨトウがついているのを見つけて退治しました。良かったです。

ウィリアム・モーリス

ザ・ダーク・レディー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA