11月 18, 2018
  • ~ペレ二アルガーデンを目指して~

夏剪定について。

きのうバラの家から夏剪定についてのメールが届いていたのですが、関東以西の暖かい地方は9月7日~15日頃に夏剪定をするのがおすすめだと書いていました。

早すぎると、まだ暑い時期に芽が出てくることもあります。

でも、四季咲きや繰り返し咲きでも、シュラブやつるバラには、夏剪定が遅くなるとつぼみをつけにくい品種もあるそうです。そのような品種は、8月末から9月初めに、あまり深く切り戻さず浅めに剪定すると秋のお花を付けやすくするそうです。

また、開花に時間がかかる遅咲き品種は、剪定が遅くなると、つぼみがついてもお花が咲く前に寒くなりすぎて開花できない場合もあるそうです。

夏剪定は、ほんの数日の違いで全く違う結果になります。

系統や品種によって違うので、そのバラに合った夏剪定をすることが大切だそうです。

うちのバラは、つぼみが付いたらお花を咲かせていたので、秋のバラにはあまり期待できません。

バラにとても詳しい人が、剪定は、大分は9月5日ぐらいがベストだと言っていました。あと10日ですね。

 

 

 

二枚ともイングリッシュローズのチャリティです。同じ1本の木から咲いているのですが、全く違う品種のようなバラになっています。

今日は朝から雨が降っていたのでお水やりの手間が省けました。良かったです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA