10月 23, 2019
  • ~ペレ二アルガーデンを目指して~

ペイシャンス、クロード・モネ、レイニー・ブルー、トラディスカント、イングリッシュ・ヘリテージ、ザ・ピルグリム、チャールズ・ダーウィン、ウィンダ・ミア、カーディング・ミル、ダイアモンドボール

この一週間オープンガーデンをしているのでお天気がとても気になります。

今日も晴れで良かったです。

我が家のお庭はイングリッシュローズが多く、

イングリッシュローズはお花の持ちがあまり良くないので、

花柄摘みが朝、夕と結構大変です。

 

ペイシャンス(イングリッシュローズ切り花品種)

クロード・モネ(デルバール)

レイニー・ブルー(タンタウ)

枝が細いです。

トラディスカント(イングリッシュローズ)

ロゼット咲きで黒赤紫色です。

ブルー・ムーン・ストーン(河本バラ園)

 

イングリッシュ・ヘリテージ(イングリッシュローズ)

形の整ったきれいなバラです。

マルクアントン・シャルパンティエ(ギヨー)

ウィリアム・モーリス(イングリッシュローズ)

葉が透けて見えるちょっと珍しいカラーです。

ザ・ピルグリム(イングリッシュローズ)

中心が黄色で外側がソフトイエローのきれいなバラです。

成長が早くお花の付きがとても良いです。

クレマチス(ダイアモンドボール)

淡いパープルの多弁で豪華な一番好きなクレマチスです。

チャールズ・ダーウィン(イングリッシュローズ)

シャーロット・オースチン(イングリッシュローズ)

ウィンダ・ミア(イングリッシュローズ)

カーディング・ミル(イングリッシュローズ)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA