11月 18, 2019
  • ~ペレ二アルガーデンを目指して~

ムーン・ステッド・ウッドもオーブと同じように枯れかかっています。

今日はとてもショックなことがありました。きのう剪定ができなかったので、今日は頑張って東側と西側の剪定をしたのですが、イングリッシュローズのムーン・ステッド・ウッドが、先日枯れてしまったバラの家のオーブと同じように、葉に水分がないような感じで、ドライフラワーの葉っぱのようになっていたのです。三年前に、デビッドオースチンのネットのお店でおすすめのバラということで購入し、とても気に入っていたのですが、オーブと同じようにこのまま枯れてしまうのでしょうか・・・。オーブは、バラ友さんが、お店に症状を言って聞いてくれて、たぶん、コガネムシの幼虫か、テッポウムシだろうということでした。水切れではないと思うので、このまま枯れてしまったら虫だと思います。いやですね。

アンチューサドロップモアの葉がどんどん大きくなります。

タモラ。このお花がついている枝もカットしました。

東側。剪定前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA